開催内容

シンポジウム「世界各地の地域ケア~ともに生きるを目指して~

 

目的:  高齢化社会の現実をしっかり受けとめ、国民一人一人が医療やケアを考えなければならない時代です。
障害や偏見を乗りこえ様々な人々が「共に生きる」ために必要なことは何でしょうか?
世界中の事例から学び、介護やビジネスの現場に活かし、多面的的なアプローチで地域ケアを充実させるために、シンポジウムを開催いたします。


   

主催:  医療・介護の安全保障を推進する民間会議
日時: 2018年6月23日(土) 13:00 - 17:10 (開場 12:30 )
場所:  東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂    場所はこちら
会費:     2,000円  (会員の方は 1,000円、学生500円)

当日受付にてお支払いください

お申込み 現在はまだ承っておりません。
 

シンポジウムのパンフレットはこちらから


              
 

 







シンポジウムの流れ    諸般の都合により登壇者、テーマ、出演順序等を変更する可能性が有ります。予めご了承ください。       

 
開会の辞  水巻中正  (国際医療福祉大学大学院 教授)
特別挨拶  安藤高夫 (衆議院議員、医療法人社団永生会理事長)
   
基調講演 :  「福祉文化を創るために」

阿部志郎 (神奈川県立保健福祉大学 名誉学長 )

           
特別講演 1: 「ドイツの新しい介護保険制度について」
山崎摩耶 (元衆議院議員 元日本看護協会 理事)
特別講演 2: 「ポートランド( 米国 )における高齢者ケア」
遠藤慶子 (東京医科歯科大学 大学院 講師 )
特別講演 3: 「中東のハブ拠点ードバイの医療福祉事情」
長谷川フジ子( 東京大学大学院 薬学系研究科 薬学部研究員 薬学博士)
   

 

 







 

 

 

 

14:30 - 15:05
        ティーブレーク (休憩・登壇者参加者交流の時間) 



15:05 - 17:00              
        国際シンポジウム講演


 

    1 黒岩祐治( 神奈川県知事 )       「地域ケアと未病について」
    2 秋山由美子(一般財団法人 社会福祉研究所 研究員 元世田谷区 副区長 )
                「世田谷区の地域包括ケア ~小さな点から、大きな円へ~」
3 キンチョーチョートゥン (サクラファインテックジャパン株式会社 海外営業部 )
                 「ミャンマーの医療福祉事情の一端」
4 田中ひろみ( 読売新聞 社会保障部 ) 「地域包括ケアの将来像
   


          

17:00 -17:10           
        閉会の辞:   湖山泰成  (湖山医療福祉グループ 代表)

           


 

懇親会                                              
17:30 -

 会場:          
東京ガーデンパレス
 会費:   別途  4,000円(予定)
 定員:   30名

参加申し込み時にご登録ください。

「医療・介護の安全保障を推進する民間会議」メンバー (順不同)

◎代表幹事 水巻中正(募金責任者)、安藤高朗、湖山泰成、兪剛、遠藤慶子、松浦清、佐藤貴一郎、布施達朗、谷孝裕 
◎顧問(同) 矢﨑義雄、伊東洋、久常節子、時田純、渡辺昌、松本謙一